スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局  at 

2009年08月12日

臍の緒を4回半、体に捲って誕生

icon17

市川 みどり様ご夫妻に次女誕生

千葉県香取市在住。岩沼市に里帰り

8月12日 AM 7:00 3220gの綺麗な赤ちゃんです。

子宮口が全開大(10cm)になった頃から、
赤ちゃんの心音が少ない状態になって来たところがありました。

そんな時は、赤ちゃんが何かの原因で、
「くるしいよー」と言っている状態のことが多いので、
赤ちゃんの入っている膜(卵膜)を破き、
羊水の状態を見てみました。
羊水は綺麗でした。
(苦しい時は、お腹の中で、赤ちゃんが“うんこ”をしたりして、黄色、又は緑色になっていたりします。)

排臨(ハイリン=先進部が見えたり見えなくなったりの時)、
発露(ハツロ=先進部が見えぱなしの時)になった時に、
又赤ちゃんが「苦しいよー」と
サインをくれたので、自然に出てくるのを待つと、
赤ちゃんが具合悪くなってしまうと思いましたので、
院長先生の判断でちょっとだけ、会陰切開をして、
早めに生まれるように図ってくれました。

生まれた時、
首に二回半、たすきに1回、胸に1回、計4回半捲きつけて
生まれてきました。(臍の長さ:88cm)

みどりさんがご自分で、お臍を切りました。
「おめでとうicon14
おめでとう!拍手

元気に生まれてきた、みどりさんの赤ちゃんは
とても、『運の良い』赤ちゃんだと思います。face05

きっと、これからの人生も何処までも
『運の良い』人生だと思います。

みどりさんのご主人は、
千葉よりこちらに向かい東北道を走っています。icon17

お気を付けて







  

Posted by トッシ−  at 07:54Comments(2)